記事一覧

microSDカード(SanDisk)偽物見分け方!?

アイコン

さて、昨日ヤフオクで購入したmicroSDカードが外れなくなったことを書いた。

昨日の記事はコチラ↓
http://cygnus.noor.jp/cgi-bin/diarypro/archives/370.html


なぜ、こんなにサイズが合わないのか。

試しに、いつもケータイ用に使っている同じSanDisk(サンディスク)の
microSDカード(1GB)を差し込んでみた。

・・・すると、
なんとフツーに抜き差し
できるではないか!!(* ̄□ ̄*;



何故だ!?

ちなみに、上がいつも使っているSanDisk1GB、下が問題の4GB。
(4GBはムリヤリ外したので、傷があります。。。(;・∀・))

ファイル 371-1.jpg

こうやって比べてみると、少し違いがある。

といっても、上は通常のSDカード、下はSDHCカードなので、デザイン上の
違いはメーカーが変更したのかもしれないが、よく見ると、
カードのエッジ(角)の部分が下の方が丸い。

だが、実際に肉眼で比べてみてもサイズの違いはほとんど分からない。



ここで、もう一つ比較してみたものがある。

それが、microSDカードに付属していた、SDカード変換アダプターである。

次の3つのアダプターを比較してみる。

ファイル 371-2.jpg

左が問題の今回のアダプター。
真ん中が、先日購入した2008年度版の正規品。
右が、昨年購入した2007年度版の正規品アダプター。


たぶん、前年度と今年とでシールのデザインが変わったのだろう。

そして、問題の左の製品と真ん中の正規品は非常によく似ている。
少なくともこうして写真で見る限りでは同じに見える。。。

・・・が。

肉眼で見ると、
シールの上半分の赤色の色調が違う。


どちらかといえば、正規品は朱色に近い赤なのだが、
今回の問題の品は普通の赤色
をしている。

また、シールのエッジも正規品の方が丸いような感じだ。


裏側はこちら。

ファイル 371-3.jpg

日付の刻印も違う。。。。
※左が問題品


そして、しばらく眺めているうちに大きな違いを発見!!!

それがココw

ファイル 371-4.jpg

プラスチックのかみ合わせ部分が
違う!!Σ(゚Д゚)


バルク品だとしても、ここまで成形が違うとは考えにくいので、
このmicroSDカードは
おそらくニセモノだろう。。。

(※後から調べたところ、SanDiskにバルク品は存在しないそうです。)


抜き差しがしにくかったのも、おそらく数ミクロン単位での
カードの成形が狂っていて、規格外のサイズになっていた
ためだと
思われる。

まぁ、DSTTとSDカードを合わせた金額は、正規品のSDカードのみを店で買うより
安い値段だったので、別に本物の期待はしてなかったしいいんですがwww



驚くべきことは、このmicroSDカード、
ムリヤリ抜き差ししている間に
普通に外せるようになりますたwww



しかも、不具合も出ずに使えているところが
すごいというかなんというか・・・(´Д`;)


機会があれば、本物を買い直そうと思います。