記事一覧

【速報】光市母子殺害、元少年に死刑判決

アイコン

【光市母子殺害、当時18歳の男に死刑判決…広島高裁】

 山口県光市で1999年4月、会社員本村洋さん(32)の妻弥生さん
(当時23歳)と長女夕夏(ゆうか)ちゃん(同11か月)が殺害された事件で、
殺人、強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた元会社員(27)(犯行時18歳
の差し戻し控訴審判決が22日、広島高裁であった。

 楢崎康英裁判長は無期懲役の1審・山口地裁判決を破棄、求刑通り死刑を
言い渡した。少年による重大事件への厳罰化の流れに沿う判決になった。
弁護側は上告する。

 死刑適用基準の指標とされる最高裁が83年に示した「永山基準」以降、
犯行時に少年だった被告の死刑判決が確定したのは2件で、いずれも犯行時
19歳、被害者は4人。今回の事件は、少年法で死刑適用が認められている
18歳を1か月過ぎた少年による被害者2人のケースで、差し戻し審では
死刑選択の是非が争点だった。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080422-OYT1T00269.htm

ファイル 209-1.jpg


判決来ました。
ま、当然ですな。

これで死刑にならなかったら、日本の司法は終わりなところでした。
死刑が執行されるのにまた何年もかかるところが大問題なわけですが。。。