記事一覧

ハワイ旅行日記3・・・コイン編

アイコン

アメリカのお金。

日本で両替して持ってきたのは、札ばかりなので
とりあえず、出しておつりのコインを貰ってみることにする。

ABCストア(コンビニ)で、マカデミアナッツとミネラルウォーターを
買って、おつりを貰った。
貰ったコインを調べると、どうやら

アメリカのコインは4種類のようだ。


ペニー(1セント)・・・色は日本の10円玉のような赤銅色。一番見分けやすい。

ニッケル(5セント)・・・銀色。なぜか10セントよりもデカい。

ダイム(10セント)・・・一番小さい銀色のコイン。裏にDIMEと書かれている。

クォーター(25セント)・・・一番大きい銀色のコイン。よく使う。1/4ドル。


これだけなので非常に覚えやすい。
観光ガイドによると1ドルコインと50セントコインも存在するみたいだが、
あまり流通していないのか、今回の旅行で見かけることはなかった。

自販機のおつり50セントも25セントが2枚出てきたし。。




アメリカは硬貨よりも紙幣をよく使うようだ。
日本と比較してみても、

日本・・・・・紙幣4種類(1000/2000/5000/10000) 硬貨6種類
アメリカ・・・紙幣7種類(1/2/5/10/20/50/100)  硬貨4種類

と、紙幣の方が多い。

レストランなどでチップを払うには細かい紙幣のほうが便利なので、

すべて20ドル以下に両替していくのがオススメ。

・・・まぁ、ブランド品とか高価なもの買うなら100ドル札あったほうが
便利なのかもしれないが、貧乏旅行にはあまり必要ないと思われる(・・;)