記事一覧

東北新幹線「はやぶさ」を見てきた?

アイコン

朝8時半ごろ、東京駅の新幹線のホームに行ったところ
なんか凄い人だかり。

ファイル 1045-1.jpg



なんぞこれ?( ̄Д ̄;;



・・・と思っていたら、ちょうど東北新幹線の
はやぶさデビューの日
だったらしい。。。



そういや、写真の右側の辺りにエメラルドグリーンの機体が
少し見えている気がする・・・ようなww


てか、
鉄ヲタばっか_| ̄|○ il||li



ちなみに「はやぶさ」はこんなんρ(・・。)


ファイル 1045-2.jpg



てか、オレが乗りたいのはその反対ホームに止まってる「MAXとき」
だったんだけど、鉄ヲタジャマ。。。


しかも、
鉄ヲタが線路に転落したらしく
巻き添え食って、ときも遅れたヽ(`Д´)ノ


ファイル 1045-3.jpg





東北新幹線「はやぶさ」デビュー ファン転落のアクシデントも

 東北新幹線の最新鋭車両E5系「はやぶさ」が5日、営業運転を開始した。
JR東日本が新幹線に新車両を導入するのは14年ぶり。新幹線版〝ファーストクラス〟
といわれる特別座席「グランクラス」を備え、新青森-東京間を毎日2往復、
仙台-東京間を1往復する。

 はやぶさは振動や騒音を低減させるため、先頭車両のノーズ部分が低く
とがっているのが特徴。最高時速は山陽新幹線N700系と並ぶ国内最高の
300キロで、東京-新青森間が3時間10分で結ばれ、平成24年度末までに
時速320キロまで引き上げられる計画。

 本革製シートに弁当や飲み物の提供が受けられる「グランクラス」は先頭車両の
18席のみに設置。人気が殺到し、前売り開始と同時に初日分は約20秒で売り切れた。

 この日は新青森駅や東京駅でオープニングイベントを開催。東京駅では
大塚陸毅・JR東会長らが出席。くす玉が割られ門出を祝った。

 午前8時12分に東京発の下り1番列車が到着すると、ホームに詰めかけた
鉄道ファンらが一斉にカメラのシャッターを切った。出発前にホーム上から
60代の男性が線路に転落するアクシデントもあったが、けがなどはなく、
7分遅れの同19分に出発した。

 仙台から到着した上り1番列車の「はやぶさ2号」グランクラスに乗車した
和歌山県田辺市の公務員、荒原貴浩さん(36)は「すごく広くて乗り心地が良かった。
次は青森まで乗りたい」と笑顔で話した。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110305/trd11030509350011-n1.htm

トラックバック一覧